ネイティブ英会話勉強法とismile(アイスマイル)

海外の人と話す様子 その他

ネイティブの人から英語を学ぶ方法が知りたい。

英会話教室などに行くと緊張して委縮してしまうかもしれない。

できれば直接顔や目を合わせる必要がない勉強方法が知りたい。

自分の生活リズムや性格などを考慮して、自分らしく学ぶ方法を探す人は多い。

子育て中の主婦。

会社勤めのサラリーマン。

パートやアルバイトをかけもち生活。

親の介護をしている。

人それぞれ英語を勉強したいと思ってもなかなか時間を含めたできることが違う。

でも環境をできるだけ選ぶ必要がない商品があるとしたらどうでしょうか?

ネイティブの講師が行う講座が1回15分という短い時間で続けられる。

こんな商品があったら、忙しい毎日を過ごす人にも取り組みやすいと思うんです。

実際にismile(アイスマイル)を購入して使用した感想をご紹介していきます。

英語を勉強する時間とネイティブの価値

正直私は、ネイティブという言葉をあまり意識していなかった。

なぜか?

私が海外旅行に行った時、現地にいた日本人の方からこんなことを聞いたことがきっかけだった。

「ネイティブって日本人はよく言う。」

「でも自分が本当に住む場所などが決まっていない時にはあまり意味がない気がする」

リアルにその地に住むようになってから、それまで学んできた発音なども癖のひとつと思うような経験をしたという女性からの話しでした。

会話というのは、あくまでその人が育った場所や環境により多少異なると思った方が良い。

もちろん、ビジネスなど社交的なシーンでは使える事が多い。

でも日常の会話の中にはもっとスマートに内容を伝えようとする事も多いと思った方が良い。

これが本来の英語で話せるという環境になっていく。

こう考えたら、正直ネイティブという存在に対して必要ないかもしれないと思うのもわかる気がした。

でも全くの初心者が学ぶとしたら?

ネイティブの英会話とismile(アイスマイル)の魅力

ヘッドホンをしてスマートフォンを楽しむ女性

自分がこの商品を購入して本当に良かったと思えたことはいろいろある。

例えば、ネイティブという対象も学習する人のことをどこまで知っているのか?

この考え方からしたら、ただネイティブという存在と日本人の学ぶ環境について知っている人には温度差がある。

どう伝えることが伝わるのか?

大人が子供に1つの内容を伝え始める時には、できるだけ子どもにもわかる簡単な言葉を使って話し始める。

この理由はあくまでその内容を聞いて、子供が自分と同じ気持ちになって欲しいと思うから。

これって意外と簡単なことではない。

大人はつい時間の使い方を考えてしまう。

そうなると、相手が聞いてわかるかどうかよりもよりシンプルで簡単な表現を選ぶ。

これでは、1回で相手が理解するのは難しい状態になっていく。

この流れが英会話を学ぶ時には子供と同じ立場として経験する可能性がある。

相手はプロ。

こちらは全てが未知で、1から覚えていく必要がある子供と同じ。

当然相手はわかるから簡単と言う。

一方で学ぶ方は、覚えが悪いとか私でもやっていけるの?と不安を持つ。

この温度差があと一歩の説明の不足で距離が開く。

こういうのを防止する相手への理解をきちんと考えた講師が解説している商品がismile(アイスマイル)だと思えた。

日本人が話す英語

あくまで日本人が諸外国人の話す日本語を聞いていると、理解はできるけど表現に癖があると思うこともある。

これって日本人が外国人相手に英語で伝える時にも同じことが言える気がする。

同じ単語や文法で表現しているはず。

なのに、いくら練習してもどこかなまっているように感じるような何か違いがある。

これって活舌の問題だと最近私も教えられた。

もともと英語を学ぶ時にも子供も歯が揃う前にはいろいろな音が抜けてしまう。

そして、大人の永久歯が生えそろった段階から徐々に気にならないような発音になっていく。

この期間でずっと独特の舌の動きを繰り返している。

当然、その動きは各国の言語の癖が強くなっていく。

こういう部分を気にしないでただ単にスピーカーから流すというだけではなかなか上達するのも難しい。

だったらどうしたらいいのか?

より今の時代に日本人の舌でも発音しやすい表現方法で教えてもらったらどうだろう?

特別な表現を知っても、自分で使っていけないなら無意味。

日本人でもしっかり言えるようになる可能性がある表現を使って英文を教えてくれる。

こうなれば、誰でも伝わる英語を学ぶことが出来るようになっていく。

目にする光景と同じ内容を自分で続けていくと、日本人の発音でもきっちりとレッスンで上達したと実感できるようになっていく。

これってつまりは、教える個人をネイティブというカテゴリーだけでくくるのは難しい部分も多い。

脚本や構成、セリフに至るまでいろいろな角度からアウトプットしやすい条件を考えた商品。

こういうことを語学のレベルを問わない状態で誰でも使えるように考える。

こんな細かな設定を用意している商品はどこにある?

これがismile(アイスマイル)だと私は思っているのです。

タイトルとURLをコピーしました