英語教材ismileを親子で活用

社会人になってからの習いごと。

家族がいる状況になると、時間の使い方に迷うことも多い。

子供がいると、子供との時間を犠牲にしないかどうかを気にする人も多い。

せめて仕事が終わったらすぐに家に帰って子供や家族と触れ合う時間が欲しい。

なのに、習いごとまで始めたら、勉強することにとらわれていく自分がいる。

こんな将来に不安を持つ人は多いはず。

「今という時間を選んで本当に良いのか?」

こう思ってしまうと、時間がどんどん過ぎていくのがよくわかる。

でもこの学習する教材を親子でもし使えると思ったらどうでしょうか?

実際に英語教材ismileを使っていて子供たちにもわかるという教材だったことをご紹介していきます。

英語教材ismileで子供がやっていること

子どもたちは、別のネイティブの英会話の教室に通っています。

そのおかげなのか英語に対しては、苦手とか嫌いという対象から外れている事がわかりました。

たったこれだけでもどんな内容なのかというよりもありがたいと思えっている。

そんな子供たちと一緒に今英語教材を使う日常を過ごして感じた事があります。

子供と英語教材ismile

大人になってから徐々に映画や海外ドラマなどを見るようになったと思っている人は30代40代には多いはず。

この先は、過去の作品などもブルーレイやdvd、オンラインなどで残っているからこそ、もっと早くから興味を持つ人が増えるのかもしれない。

こうした生活の中で、子供たちにも同じようにちょっとでも海外の映画やドラマに興味を持って欲しいと思っていた。

いつか一緒に字幕がなくても見られるようになったら、漢字が読めない子供とも一緒に映画を見る事ができるようになる。

こんな個人的な願望を抱いて、一緒に見始めているのです。

すると、子供たちなりには、何か人の動きや表現方法が気になるシーンが出てきたのです。

そして、その内容とフレーズだけは覚え始めていたのです。

子どもの吸収力のすごさ

ちょっと英会話教室に通っているというだけである意味簡単に復習ができるような環境ともいえるのです。

別にレベルが高いようなことをやっているとは私も実際に感じていません。

日本語よりもむしろ英語の方が話せるレベルに求められる単語やフレーズの数は少ない。

だったらある程度毎日コツコツとやる時間が作られていたら子供はどんどんその文法も覚えていってしまう。

知ったことを書いて、自分の中でまたその表現を使って、動画と同じシーンを再現する。

こんな子供とのやりとりの時間が増えたのです。

こうすることで大人も自分の子供が同じことをやろうとしている光景から頭に入っていく。

間違っていても良いと思います。

正しい発音などは徐々に回数を重ねていくうちに覚える。

これが子供が日本語をスマートに覚えていく上でも大切なことだと思っている。

数ヶ月の間で上達する。

このきっかけはネイティブの講師や先生が言うからだけではないと思います。

その実践する動画の中にどこまで興味や関心を持つ事が出来るか?

こう考えていくと、子供も大人も関係ない教材だと思えました。

親子のコミュニケーションツール

この答えとして、時間は大きな影響力を持つと思う。

もちろん短いほうが料理や家事をしながらの時間でも対応が可能になる。

例えば子育てをしている中でも次の2つがあったらどちらがストレスを感じないだろうか?

スゴロクのような終わりまでに時間がかかるゲームに付き合う時間。

子供の積み木などを観察している時間。

なんとなく一方が楽しく過ごす時間の延長のほうが楽。

1回しっかりと完成させたら満足する。

これが子供の集中力のレベルとしては多いはず。

これと同じくらいの時間で区切っていろいろなことを一緒に楽しむと継続しやすい。

別に英会話がペラペラになることを1回で効率よく学ぶなんてことはできないと思う。

でも単純に記憶に残るようになっていったら、一気に言葉が勝手に出てくるようになったと思える時間が訪れると思っている。

子どもと一緒に成長する。

こういう表現で考えたら、この商品以外で取り組むのはなかなか難しいし、継続するのが大変だと感じるようになった。

子育てをしているタイミングだからこそ、自分の時間作りも大変。

こんな人にはぴったりの商品だと思います。

大人とか子供という年齢的な要素を気にする必要はありません。

誰でもまずは英語を好きになるきっかけが大切。

自然と慣れてきた。

知らない地域での暮らしでの方言でも同じわけです。

海外旅行に行っていきなりすべての英語がわかるなんてことは難しい。

でも聞いたことがあるとか慣れている言葉に対しては使いやすくなる。

これってどこの国や地域に入っても同じことが言えるのではないでしょうか?

つまりは、自分の中にイメージが入っている状態を作り出すためには何をするべきか?

こう考えたら、子供とアウトプットしやすい良い商品だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です