英語教材アイスマイルを使った感想

自分の英語力では何が学びやすいのかわからない。

英会話教室とオンライン教室の違いは何?

海外旅行で会話が理解出来るようになるにはどうすればいい?

自分の実力として定着する方法はどれ?

スマホやタブレットを使ったアプリの教材もある。

昔からCM等が続いている会社もある。

格安プランを用意しているサービスもある。

でも結局自分が話せるようになる環境をどうやって選ぶのか?

多くの人はそこで迷って次に進めない。

私も実際にこの経験を持つ一人だった。

学生デモ社会人でも用意できる時間は限られている。

でも今の状況として、英語が話せないことはどうにかしたい。

こう思ったら、まずは何をするべきなのか?

気持ち的な焦りや不安を言葉にしても何も始まらない。

だったらまずは自分の集中力に注目してみてはどうでしょうか?

気持ちが維持できる時間

どこに通うとしても教材を手にするとしても自分が本当に楽しいと思える環境でないとやる気は一気になくなっていく。

聞いているだけで疲れる。

これってどうしたらいい?

やる時間が短い方がより集中できる

自分の普段の行動を見直すとわかりやすい。

始める前には数分から数十分の気持ちを整える時間が必要。

その後は覚えるぞ!という気持ちがあるから、何度も間違えると焦るし不安になっていく。

この結果は同じ時間を過ごしても良い流れになるでしょうか?

自然に集中力も維持できない状態になっていく。

さらに、自分の中でもやっぱり自分には英語が難しいという固定観念にはまりやすくなる。

だったら、覚える量も時間も少なくすればよかったのでは?

ちょっとずつ。

この言葉が人間がいつの時期にもできるようになっていく過程で大切なことだったと思う。

東京大学やスタンフォードなど有名な大学に合格した人も難しい問題を覚えるためにやってきたことは小さな積み重ね。

間違った内容すら、わからないことをどこかで面白いと思えるようになってきたから文法なども覚えるようになったのでは?

人間はいつも同じ

いくらインプットしても本当に興味が向かないとすぐに忘れる。

いくらその場で集中していても自分があとで調べたいと思うような関心が無くなれば、記憶もひとつひとつ消えていく。

2ヶ月前に学んだはずの内容がいつしか忘れていたということも多いはず。

ここで一番大事なのは何か?

スキルアップのためには、視聴両方を刺激している事が重要。

一番は目で見て、その音の特徴でインプットしたら?

その内容がとても印象に残っていたら?

この対象は繰り返し聞く必要がない。

いつしかコミュニケーションをとれるような知識になっている事も多い。

これが学習の基礎になっている部分だと私は思ってしまう。

好きこそ最大の武器

別に通訳になるまで知らなくてもコミュニケーションは困らないクオリティになる。

手と表情で知らないことも伝えることがかのうになってしまった時代。

文法通りに作り、習った通りに発音をするというのは、意識してできるようになる事ではない。

あくまで感覚。

たくさんの言葉がいつしか日常で使えるようになった日本語の勉強も同じですよね。

それだけの言葉が出てくるのは、日常の生活で獲得した用語たち。

同じ現地に過ごす人たちが語尾につける可能性がある1つが方言。

こうした内容も含めて、誰もが自然に他人の口の動きや動作などを見て全く知らない言葉でも徐々に実践で使えるようになっていく。

つまりは、そうした日常の中で目と耳で慣れてきたと言える。

だとしたら、大事なのは、先に単純な単語から先に自分の中にインプットしたくなるかどうか?

そして、その言葉が2倍4倍になってもどんどんわかるようになっていけるか?

この先に日常で使用する外国人との会話にも耳が慣れていくのではないでしょうか?

英語教材アイスマイルが役立つポイント

自分がまず独自で面白いしどんどん知りたくなると思ったのは以下の3つの特徴。

ドラマ

映画

演技

外国人は表情も表現も豊か。

驚きのシーンで目を大きくするときなどはやっぱり極端な演技だと思うシーンは多い。

こういうシーンがあるとその時の表現がある程度映像と音とセットでインプットされていく。

この繰り返しがあったら知識なんてなくても自分の興味関心に合ったシーンから覚えていけると思った。

そして、自分が数日たった時にも忘れていないことが嬉しい。

だからその後にまた続けて見たくなる。

サポートは正直必要なかった

授業を受ける感覚がない。

まるで、自分が効く耳と動画を見る目がそのまま結果として面白くなっていく状態になっていった。

その流れは、教室に通って指導を受ける野とはまるで違う。

洋画が好き。

モチベーションが下がっている時にも洋画を見る事がある。

もしあなたがこういう私と同じような環境で生活をしている中で悩んでいるなら、ぜひおすすめしたい。

英語教育という感覚は必要ない

スクールという表現はどうしてもプレッシャーを感じる。

だからやめたくなる。

これが私の悩みでもあった。

あなたは何を楽しみにお金を使いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です