英語教材i-smileで面白い!を実感

英語が好きではない。

仕事上必要に迫られて学ぶしかない。

在宅で簡単に英会話がマスターできる方法なんて本当にあるのだろうか?

わざわざ英会話教室に通うのも疲れるし、雨の日は移動も面倒になる。

スマホやパソコンで簡単にできる方法があった方が助かる人は多い。

私も確かに仕事をしながら英語を外部で学ぶのは正直精神的にも肉体的にも続くか心配になる。

人との相性

人間関係の悩み

金銭的な負担

いろいろな事を考えてしまうと、純粋に好きでないとなかなか続かないし、行きたいと思えない。

もちろん、自分の好きな人がその環境にできたら別なのかもしれないけど。

英会話を学びたいと思う人の中には、別に英語を好きではないという人もいるはず。

そこで、今回の記事は教材を楽しいと思えるような内容をご紹介していきます。

英語教材アイスマイルの面白さ

英語の学習は嫌い。

でも海外のドラマや映画で英語が流れているのは苦痛ではない。

こんなタイプの人もいると思います。

映画館でもあえて日本語吹き替えを選ぶまで英語を拒絶することはない。

そんな自分にならわかる環境があったらどうでしょうか?

ドラマや映画を軸に構成

ドラマや映画を軸に構成

自分で何かのシーンを見ながら勉強もできる。

これって、簡単に言えば、自分の好きなアーティストの曲をカラオケに行く前に練習するのと同じ感覚。

相手は、もちろんネイティブ。

別に会話の流れや身振り手振りを見ていることでスマートに何をやっているのかは伝わってくる。

例え、会話が分からないとしても内容は雰囲気で伝わった来る。

これが英語を楽しむきっかけになるのではないでしょうか?

短時間の集積だから疲れない

スマートな構成だから疲れない

よりスマートに15分。

この程度の時間なら、あえて勉強の時間という意識をしなくても大丈夫。

実際に耳に入っている程度でも毎日同じ内容を聞いていることが自然と復讐になっている。

そして、同じ言葉を聞いているからこそ、誰かに教えられている感覚もない。

その時間を終えてからふと思い出す。

この言葉の意味は?

この言葉って本当は何て言ってた?

こうしたちょっとした疑問に思った対象が会話の中にあれば、その内容は知りたいに変わる。

英会話教室と

英会話教室との決定的な差

自分が分からないと思ったことを素直にその場で質問できるでしょうか?

同じような年齢の人と学ぶような環境では、なかなか教えてもらっている最中に質問をしにくい。

個別指導

多数の中の一人

いずれの場合でも、覚えが悪いと思われてしまうのが怖い。

こんな気持ちがしっかり学ばなければいけないと分かっていても言えない。

些細な積み重ねが徐々に楽しくないという気持ちにさせるきっかけになる事って覚えがありませんか?

わかっていてもいなくてもどこかで口ずさむ。

そして、最後には正しい単語のスペールという点にまで意識を向け始める自分がいる。

この違いは、徐々に自分の英語力として実感できていくのではないでしょうか?

何かの得点を目指す必要がない

得点のような縛りもない

とにかく自己満足の世界。

最初は英語がが楽しくなってきた!

こう言えるようになるのが私的にはとても大事だと思う。

語学は英語だけではありません。

中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語。

日本にいれば、日本語以外は全て外国語。

当然苦手意識を持つ理由も多い。

別に今の会社以外では必要性を感じなかった。

もちろんこう言われてしまえば、毎日スキルのレベルなんて事も必要以上に意識する必要もない。

だからこそ、どんどん日本語以外の言語に苦手意識が高まっていく。

この状況においうちをかけるのがテストとか採点という対象。

自分の知っている事を1回書いて評価がつく。

これがある意味苦痛で仕方がなかったというのが学校の毎日の授業だったはず。

でも自分が好きで書いてみたくなったり、話してみたくなったら?

この挑戦の先には、後である意味確認をしているだけ。

この時に目にする結果がたとえ間違いが多くても最初から完璧を考えなくて良い。

これって結構手軽さを含めて教えてもらう時よりも取り組みを挫折させないポイントになると思いませんか?

デイビッド・セインが好き

私はいろいろな教材をこれまでに使う事がありました。

紹介されていた内容で良さそうだと思った商品。

オンライン教室

実店舗のある英会話教室

でも記憶の中では、正直そこまで大きな違いがあるとは思えませんでした。

何より、記憶の中に残っているのは、その時のネイティブの先生との相性を気にしていた事。

英語でもなんでもプロになる人って結局は、指導者に共感や感謝の気持ちを持っている事が多い。

それって、集中力が定着するようなきっかけを理論的に与えられていたからだと思うんです。

そうして考えていくと、今回の登場する人物はすごい!

翻訳家という立場から色々な本を出版しているような人物。

そして、何より見た目の印象が私は好きです。

語学指導者という立場で身構えるようなことがない。

むしろ、普通のおじさん的な見た目の印象。

だから、映画やドラマのワンシーンとして見やすい。

でも実は先生。

このからくりがあるからこそ、この商品を使って英語が楽しいと素直に言うことが出来ていると私は思っている。

「英語教材i-smileで面白い!を実感」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です